新見の魅力、伝えます!

「にいみいろ」2020年7月号より

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

新見を盛り上げようと活躍されている人や企業、そして生み出された商品・サービスを、新見市民の皆様に向けてご紹介しているフリーペーパー「にいみいろ」の2020年7月号が、6月18日に発行されます。私も編集スタッフの一員としてこの地域情報誌の企画・制作に携わっているので、今号についても簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む

「にいみいろ」2020年6月号より

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

新見を盛り上げようと活躍されている人や企業、そして生み出された商品・サービスを、新見市民の皆様に向けてご紹介しているフリーペーパー「にいみいろ」の2020年6月号が、5月18日に発行されます。私も編集スタッフの一員としてこの地域情報誌の企画・制作に携わっているので、今号についても簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む

「にいみいろ」2020年5月号より

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

新見を盛り上げようと活躍されている人や企業、そして生み出された商品・サービスを、新見市民の皆様に向けてご紹介しているフリーペーパー「にいみいろ」の2020年5月号が、4月18日に発行されます。私も編集スタッフの一員としてこの地域情報誌の企画・制作に携わっているので、今号についても簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む

高校生のための就職サポートブックの発行について

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

新型コロナウイルスによる感染者数は、全世界で拡大の一途をたどっており、史上例を見ないほどの大変危機的な事態が起こっています。経済界においても、リーマンショック級の株の大暴落もあり、先行きが見えない大不況の波が襲ってこようとしています。この影響で、新卒者の就職の内定取り消しも続出しているということです。つい最近まで、人手不足が深刻な問題として取り沙汰されていましたが、今に至ってはそれどころではない感が否めませんね。

さて、今回のブログですが、その新卒者の就職活動に欠かせない企業情報を集めた新しい情報誌をご紹介したいと思います。

続きを読む

「にいみいろ」2020年4月号より

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

新見を盛り上げようと活躍されている人や企業、そして生み出された商品・サービスを、新見市民の皆様に向けてご紹介しているフリーペーパー「にいみいろ」の2020年4月号が、明日3月18日に発行されます。私も編集スタッフの一員としてこの地域情報誌の企画・制作に携わっているので、今号についても簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む

ひな人形のある幸せ

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

私事ですが、新見市へUターンして、早や2年が経ちました。田舎だからという理由で不便だとか、大変だとかということも、もちろんゼロではありませんが、今の私には、田舎で良かったと思えることの方が圧倒的に多いように感じています。

この感覚は、その人の置かれている環境によっても、当然違ってくると思いますし、私自身においても、今と10年後と20年後とでは、その時その時の自分自身を取り巻く状況によって、変化していくものだとも思っています。したがって、一概に良いとか悪いとか言えるものでもないのですが、最近感じた「田舎に帰ってきて良かったこと」をお話ししたいと思います。

続きを読む

「にいみいろ」2020年3月号より

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

新見を盛り上げようと活躍されている人や企業、そして生み出された商品・サービスを、新見市民の皆様に向けてご紹介しているフリーペーパー「にいみいろ」の2020年3月号が、明日2月18日に発行されます。私も編集スタッフの一員としてこの地域情報誌の企画・制作に携わっているので、今号についても簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む

流出を減らそう!~「限界自治体」に陥らないために~

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

「限界集落」という言葉をご存知でしょうか?過疎化などにより、人口の50%以上が65歳以上の高齢者となった集落のことで、住民自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など、共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされています。「限界集落」の「限界」が意味するのは、共同体として存続するための「限界」なのです。

「限界集落」を再生しようとする取り組みも各地方で行われており、成功事例も生まれているようですが、実際のところ一旦「限界集落」に陥ってしまうと、並大抵の努力では再生することはできません。「限界集落」になってからではなく、なる前に、「若者たちが流出しない集落」「新しい世帯を作り子供たちが増えていく集落」「移り住んでくる人たちが増えていく集落」を目指し、対策を講じていかなくてはなりません。

続きを読む

新見市の人口流出[高校進学編]

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

先日、少しショッキングなニュースを耳にしました。教育委員会の進学希望調査によると、今春、新見市内の中学校を卒業する生徒247人の内、新見高校への進学を希望する生徒は133人だそうです。何と地元の県立高校への進学希望者が54%しかいないという事実。募集定員に対する倍率も、新見高校全科で0.65倍。信じたくない数字に愕然としました。
ご存知の通り、新見市内にはもう1校、私学の岡山県共生高校もあるのですが、生徒数が新見高校の4割弱と小規模であり、その内地元出身者が1/4程度しかいないことを考えると、あくまで試算ですが、全体でも新見市内の高校へ進学する生徒は2/3程度しかいないということになります。
私の頃はほぼ100%だったはずなので、この30年余りで劇的な変化が起こったことになります。いや、劇的というよりも、小さな変化が少しずつ、しかし着実に積み重なった結果なのかもしれません。

続きを読む

「にいみいろ」2020年2月号より

こんにちは。「はたらくサポート新見」の児谷です。

新見を盛り上げようと活躍されている人や企業、そして生み出された商品・サービスを、新見市民の皆様に向けてご紹介しているフリーペーパー「にいみいろ」の2020年2月号が、明日1月18日に発行されます。私も編集スタッフの一員としてこの地域情報誌の企画・制作に携わっているので、今号についても簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む